女性がセックスで演技するのは

女性がセックスで演技するのは

よくセックスの途中で感じているふりを女性はしているということを聞きます。これはどういうことなのでしょうか?

 

 

男性の取っ手は、女性が自分のテクニックで感じている姿を見るというのはとても気分のいいものです。

 

 

しかし、そのしぐさが演技だとしたらわかったら、とても情けない気持ちになってしまいます。

 

 

映画であったセックスの演技話

 

映画「恋人たちの予感」の中で、ハリー(男性)は、今まで、自分とセックスした女性がオルガスムスのふりをしたことは一度もない、と断言するが、サリー(女性)は「それはハリーの勘違いかもしれない」と疑いをはさみ、込み合っている食堂の中で、ハリーはオルガスムスの演技をします。

 

 

実際、なかなかオルガスムスに達しない女性などが、いかにも達したように演技をする例はよくあるのです。

 

 

けれども彼女たちは、男性が自分を、「すっかり満足させてやった」と勘違いしてくれれば、きっと幸せな気持ちになってくれるだろうと思って、そうしているだけなのです。

 

 

一方、男性の方は、何も演技していないのでしょうか?

 

 

実はしているのです。フランスのある調査によると、本当は女性のねだりに答えることなく、横を向いて眠ってしまいたいのですが、正直にそう告げれば女性を失望させてしまう。なので、気分は載っていないけどセックスを始めるのです。

 

 

これはまさしく献身的な愛の形かもしれません。女性に罪悪感を抱かせないために、自分もやりたくて仕方がないように演じているのです。

 

 

この演技を見抜くのはこんなんです。女性は自分の性器に入ってくるのが精液かどうか、性格にはほとんど判断できないのです。せいぜい「においがへんかな?」と思うでしょうが、セックスの後にそんなことを探偵のように調べる女性なんていないでしょうから。