寝室は同じがいい

男女がダブルベッドで寝ている、しかし安眠を邪魔するものがある。隣に寝ていてパートナーのおぞましいいびきである。

 

忠告使用が罵倒しようが、ほんのしばらく静かになるだけで、またいびきが始まる。

 

これは拷問である。眠るところではない。

 

こうなると、寝室を別にしたいという望みがどんどん強まってきます。

 

けれども、たいていの人は配偶者に「別の部屋で眠りたい」とは言いだす勇気がありません。

 

相手が、「寝室を別にするということは愛情が冷めたのだろう。あるいは自分は相手にとってふさわしいパートナーなのだろうか?」と考えるかもしれないからです。

 

けれども、全く恐れる必要はありません。

 

なぜなら、安眠は生きるために必要ですから、もしパートナーが安眠できないことを気にかけない人がいたら、愛情も理解もほとんどないといっていいでしょう。

 

睡眠不足が続くと心身に影響するだけでなく、パートナー関係にも悪い影響が及ぶのです。

 

逆に、寝室を別にするカップルの場合、アンケートによるとセックスの回数が急増しています。

 

互いに相手の寝室を訪れるのが新たな刺激になっているのです。

 

あなたも試し見ませんか?ただし、「性欲がまた出てきたので、睡眠不足になった」という文句は言ってはいけません。