初体験の年齢の平均

「若者世代はなかなか初体験を経験しない。そしてその後、一人のパートナーと親密な関係に入っていく」と、ドイツのメディアは繰り返し伝えている。

 

若い女の子たちは、人生の他に趣味や学業の方がセックスよりも大切だと考えているのである。

 

特に、思いがけず妊娠して自分の「将来を台無し」にしてしまうような危険を冒したくない女性にその傾向が高い

 

男子も草食系男子と呼ばれて、女性と性の関係に関して薄味な男性が増えてきているのも、初体験の年齢が遅くなる原因の一つである。

 

こう聞くと、若者たちはずいぶんまともなように目ますが、実際には全く違った行動をしているのです。

 

ドイツの性学者のランダウは誠意教育の調査を行いました。それによると、現代の若者たちは、親や曽祖父の世代よりもかなり早い時期にセックスを体験しているのです。

 

過半数、それもかなり多くの若者たちは16歳までに初体験を終えています。

 

女の子の場合は、ほぼ4分の1が15歳以下で処女を失っています。

 

最近実施された、ドイツ連邦保険強化センターの各種調査結果によりますと、男の子の平均は15.1歳、女の子は14.6歳です。

 

二十歳を過ぎてから始めてセックスをする人は、全体のわずか1割です。

 

これ批判して、現在45歳の人たちが初体験を迎えたのは、平均18.7歳、現在25歳から34歳の人たちは、17.9歳の時でした。