初体験が早くなる原因

時代によって初体験を済ませる年齢が早くなってきています。

 

その原因についていろいろと考えることができます。まず、性的な成熟が早まってきていることが決定的字重要です。

 

飲食物が豊富にあり、カロリー、タンパク質、ホルモン、が豊富に体内に入ってくるため、副腎における性ホルモンの生成が早くなっているのです。

 

もう一つの要因は、若者の育て方が依然と比べてはるかに寛大になっていることです。

 

大勢の若者は、セックスパートナーとの接触を禁じられていないのです。

 

逆にいえば、自宅でかなり親に監視されている若者は、自由に育てられた若者と比べて、初体験の年齢がはるかに遅いのです。

 

しかし、初体験は、「夢のような体験」ばかりとは言えません。初体験の場所は、男女どちらかの自宅とか、車内、戸外が大半で、人に見つかるのではないかと絶えず不安を感じながら行っているのです。

 

ドイツのある若者向けの雑誌のアンケートによると、4割以上の女の子は初治験の気分を「とても緊張していた」と語っています。

 

そして、「ひどくあわただしくて、ロマンチックではなかった」といっています。

 

初体験でオルガスムスに達することができた女性は、ほとんどおらず、達したことができた女性もセックスの相手は年上の男性が多かったということで