セックスの回数が減っている

独身ものは、ちょくちょくセックスしていると考えられます。

 

セックスパートナーを自由に選ぶことができるからです。

 

結婚してしまうと、そう簡単に新しいセックスパートナーを作ることはできません。

 

性欲も精力も持つよう年齢層の独身男女は、今よりも昔の方がはるかにいます。

 

だから、今の独身男性は積極的にセックスをしていると考えてしまいそうですが、実は、実際には全く違うのです。

 

ドイツの世論調査研究所の調査によると、ドイツの独身者の場合、最も活発な性生活を送っているはずの24から30歳のセックスの回数が目立って少なくなっているのです。

 

この年齢層のうち約6割は月1回未満と回答しています。これは、昔に比べてかなり水準の低い数字です。

 

また、3人に1人は相手を変えずにセックスをしていますが、3人に2人はセックスのたびに相手を変えています。

 

考えられる傾向としては、セックスは快楽のために行っているのは、今も昔も変わりはないのですが、現代のセックスは、生活で抱え込んでいるストレスを発散させるためにセックスを利用しているという風に見受けられるのです。

 

こうなってくると、人類のセックスの質が低くなって今います。ストレスは人類を脅かす厄介な敵になりつつあるともいえます。
ですが、医学の進歩はすばらしいものがあります。ED治療薬をご存知でしょうか?このED治療薬は心因性のEDに高い効果が期待できます。ED治療薬も開発が進みジェネリック薬も多く販売されています。サビトラタダシップジェビトラは、人気のED治療薬のジェネリックです。

 

歳をとると性欲は減退する

 

セックスという言葉を聞くと、たいていの人は無意識のうちに若い男女を連想する。均整の取れた美しい体、丈夫で健康で、体力もかなりある割る者たちだ。

 

しかし、年長者にも性欲があるし、セックスを楽しみたいと思っている。

 

けれどもそれは恥ずかしいこととして、なかなか話題にされない。

 

これではまるで、歳をとるにつれて性欲がどんどん衰退していき、結局はすっかり干上がってしまうかの様である。

 

しかし、年長者にも確実に性欲はあるのです。

 

スウェーデンでの調査ですが、80歳以上の男性を対象に「セックスについてどう思っているか?現実にはどうなっているか?」という質問がされました。その結果は驚くべきものでした。

 

対象者のうち2割は過去一年間のうちにセックスをしたことがありました。ほぼ全員が奥さんとセックスをしていました。

 

また、セックスをしなかった人たちも、半分ほどの人が、「時には性欲を感じるし、セックスしたいと思っている」と答えました。

 

一方、女性は違っていました。時々セックスしている女性はわずかでしたが、しかしこれは性欲が原因ではなく、すでにセックスをするパートナーがこの世にいないということでした。

 

年齢が下がると、セックスを行っている人数は当然多くなります。

 

例えば、アメリカの全国高齢者問題協議会では、60歳以上のアメリカ人の半数が、少なくとも月に一回はセックスをしているという結果が出ました。

 

また、セックスの「密度、濃さ」に満足していると答えた人は、4割ほどいました。

 

もっと頻繁にセックスしたいと思っている人も、4割いました。

 

実際にかなり大勢の年配者が、若いときよりも性生活に満足していましたが、これはもう妊娠を恐れることが必要ないこと、面倒を見るべき子供が自宅にいないこと、そしてパートナーと過ごす時間が前よりも長いことなどが関連があります。